2020/01/10 歌謡曲が好き

2020年、やめること。



当サイト管理者は物心ついた頃から歌謡曲好き、そしてランキングチャート好きであります。なので、当サイトでは一部ランキング番組の過去ランキングなんかを表示しているわけです。

そして、今でも、オリコン・billboard・CDTVの3種類のランキングを毎週チェックしてデータベースに入力、そこから歌手名や曲名を抜き出し、当サイトの検索に使えるようにしていました。

2020年から、この新規の「今のランキング」はもう取得しないことに決めました。

その理由として大きいのがアニメ曲の台頭です。主にオリコンシングルランキングから作成している曲のデータベース。今や50位までの取得ランキングのうち10曲もアニメ曲、しかもアニメキャラクター名称、声優の名称をいくつも連ねた形になっている、一体誰の曲なの?というのがわからないような歌手名称、そして、それをどのようにデータベース上で管理するのか何度も試行錯誤する度に検索すれば、あられも無い格好の「美少女アニメキャラクター」を見なければなりません。

もちろんその様な趣味の方を否定する気はありませんが、私個人としてはその様な絵を見るだけで苦痛であって、もういやだ!ということです。ざっとですがここ20年で延べ6500曲のアニメ曲を入力、分類してきたわけです。もういいでしょ。疲れたよ。

当サイトは1970年-79年など10年おきに塊としていますので、昨年2019年で2010年代が一つの塊になりました。このあと、オリコンチャートにしても今や合算ランキングを発表、ビルボードのように配信曲もランキングと考えると、今後CD媒体のランキング資料として入力する意味は失われるのかな。そうも思います。

それよりも1970年代など旧譜のデータ充実を望む声も多く頂いており、昨年はあまり更新できなかったこともあって、当サイトの検索に出てくる楽曲も2020年以降のものはもう追加されないことをご了承ください。


そしてもう一つ、オリコン等のサイトでは「本人」の新曲扱いとなっている美空ひばりさんのAI歌唱による新曲「あれから」の扱いです。当サイトではあくまで本人がレコーディングしたわけではないAI美空ひばり楽曲については新たなアーティストが新規デビューしたと同じ扱いで登録しました。
これは、今後同様な例が出てくる可能性もありますし、旧譜の再販ではありませんのでやはり分けて考えたい。こう思っています。


今年は新規曲の追加を行わない分、過去楽曲のデータベース充実を少しでも図れるように、入力していきたいものだと思っています。
新:岡崎体育さんのZepp Sapporoライブを見てきました
前:年末年始大型歌番組雑感
次:城達也になれなかった話①
このページのURL
https://www.thursdayonion.jp/article.php?article=1227
top