2024/02/01 歌謡曲が好き サイトアクセス傾向 サイト更新情報

2024年1月の当サイトアクセス傾向


目次
  1. 2024年1月のアーティスト検索順位
  2. 2024年1月の記事アクセス順位

毎月、月が変わるとこの項目の記事を作成するのですが、本当に月日の経つのは早いもので、もう1ヶ月経ったの?って思ってしまいます。
そして歌謡界では1月も訃報がありました。1日には冠二郎さん、11日には小金沢昇司さん、そして昨年12月30日に八代亜紀さんがお亡くなりになられていたことが発表されています。また12月31日に中村メイコさんが、1月5日には歌謡曲の世界でも数多くのジャケット等の写真を撮影された写真家篠山紀信さんがお亡くなりになっています。

毎月それを書くのもはばかられますが、ここ最近に子供の頃から、そして青春時代に親しんだ方の訃報を聞く、そして災害や事故の記事もよく目にした1月になります。SNSやニュースを見ることを少し離れるだけでも気持ちが落ち着きますので、今心がお辛いと感じるならばそのようなものから少し離れることをおすすめします。


2023年の当サイトアクセス傾向
https://www.thursdayonion.jp/article.php?article=1536


2024年1月の月間総ページビュー数は18,470でした。

2024年1月の記事アクセス順位

→1位 札幌の集客能力の厳しさを改めて感じる
→2位 ザ・ベストテンで1週に複数の曲がランクインしたアーティスト
↑3位 おニャン子クラブ・派生ユニットのシングル曲一覧
↓4位 まわれよちきゅう!はたらくひとになりたいなぁ
↑5位 ザ・ベストテン300回杏里「キャッツ・アイ」は本当に1位だったのか?
↓6位 ザ・ベストテン600回記念史上最強のベストテン発表
↓7位 「一発屋」を捜せ(1970年代)
↑8位 レコードプレーヤーPS-F8を修理しました。そしてDP-29Fの調整
↓9位 ザ・ベストテンの「乗り物系中継」あれこれ
↑10位Spotifyにはどの程度「昭和歌謡」が入っているか
→11位ザ・ベストテンでランクインされているが、Spotifyで再生できない楽曲
新12位今年新成人になった方々が聴いてきた楽曲を改めて聞いてみる
新13位2023年末大型歌番組特番チェック
↓14位中森明菜さんに松岡直也さんが提供した楽曲「ミ・アモーレ」と「月夜のヴィーナス」
↑16位新冠町「レ・コード館」に行ってきました
新17位KANさんの「愛は勝つ」以前のシングル楽曲を聴いてみる
↓18位野猿がいた時代
↓19位ザ・ベストテンで最高得点を獲得した西城秀樹「YOUNG MAN」
再20位ゆうゆ(岩井由紀子)さんのアルバム「いやっ!」を聞く

top